HOME » 【連載】横浜モテカツ娘のマンツーマン英会話体験談

【連載】横浜モテカツ娘のマンツーマン英会話体験談

横浜に在住する女性4名によるマンツーマン英会話の体験談。4名はそれぞれ別の場所でエリート&イケメンの商社マン・淳と出会い、彼のために英会話を学ぶ決意をしていた。育ってきた環境やいまの生活水準、性格など、まったく異なる女性たちの英会話教室選びに浮かび上がってきた、世の中の英会話教室の特徴や違いをとくとご覧あれ。

横浜在住の女性4人による体験談
~マンツーマン英会話教室に通うまで~

いずれは海外赴任が決まっている商社マン・淳(32歳)のために、マンツーマン英会話教室に通うことを決めた女性4名の話をご紹介。出会いのきっかけから英会話教室選びの基準まで、実にさまざまな違いが見られる彼女たちの様子をご覧いただき、自分にぴったりの英会話教室探しの参考にしてみてはいかが?

営業事務・27歳の英里の英会話教室選び

海外赴任が決まっていると淳の口から聞いた英里は、とっさに「わたし、英会話やってる」と返してしまう。ついてしまった嘘はくつがえすことができない。でも、ついた嘘を本当にすることならできる。そう自分に言い聞かせ、英里は英会話教室に通うことにした。

そんな英里が求める条件は「朝7時から開いている」「授業のレベルは日常英会話か」「初期費用はリーズナブルか」「振替授業を行なってくれるか」「休会制度はあるか」。これらの条件を満たすリンゲージに決めた。

教室名 リンゲージ Gaba
マンツーマン英会話
モリイングリッシュ
アカデミー
教室のレベル 日常英会話 日常英会話 ビジネス英語・TOEIC対策
初期費用 28,000円 377,460円 66,250円
振替授業 あり あり あり
休会制度 あり なし なし

そのとき淳は…

「英会話やってる」って聞いたとき、「かわいらしい嘘だなぁ」って思いましたね(笑)。でも次のデートで「リンゲージに通ってる」って教科書まで見せられて…まじか!って。健気で頑張り屋さんなところにグッときました。しかも背伸びせずに、自分のレベルやお財布に合わせてしっかり教室を選んでいる堅実なところも魅力的ですよね。

外資系金融・29歳の希の英会話教室選び

「初めて自分より上」と思えた淳。アメリカへ海外赴任が決まっていると聞き、外資系企業に勤める希も、「いずれ海外に転勤したい」という目標を持っていたため、淳との恋愛成就と自分の目標達成を重ね合わせ、ビジネス英語を改めて学ぶことを決意した。

そんな希が求める条件は「短期集中のビジネス英会話プラン」「企業向け研修実績の豊富さ」「研修の導入先企業の規模の大きさ」「チケット制の料金システム」「初期費用の高さ」。これらの条件を満たすベルリッツに決めた。

  ベルリッツ Gaba
マンツーマン英会話
リンゲージ
企業向け研修実績 4,000社以上 2,000社以上 1,500社以上
導入先企業例
  • 川崎重工業
  • 楽天
  • LINE
  • IHI
  • トヨタ自動車
  • 日立総合経営研修所
料金システム チケット制 チケット制 月謝制
費用例 短期集中プラン(3ヶ月)
240,000円〜320,000円
短期集中プラン(2ヶ月)
217,080 円
フルタイムコース(1ヶ月)
39,800円

そのとき淳は…

外資系金融に勤める女性に特有の「プライド」を感じましたね。でも、「淳さんと出会ってビジネス英語を学ぶことにした」と聞き、意外とそうでもないかも?って。ベルリッツは外資系に勤める友人が通っている教室だったので、やっぱり彼女もここを選んだのかっていう印象です。レベル高いですもんね。

ネイリスト・33歳の美咲の英会話教室選び

海外赴任が決まっている淳について、外交官を旦那に持つ友人・倫子に相談したところ、「わたしはTOEIC800点取ったけど」と軽やかにマウンティングを決められる。倫子の言葉は美咲の闘争心に火をつけた。美咲がその後TOEIC対策を行なう英会話教室を探し始めたことは言うまでもない。

そんな美咲が求める条件は「TOEIC対策コース」「スコアアップ実績の高さ」「平日の朝に通える」「振替授業を行なってくれる」。これらの条件を満たすモリイングリッシュアカデミーに決めた。

  モリイングリッシュアカデミー ベルリッツ イングリッシュビレッジ
実績 最高280点アップ 最高250点アップ 記載なし
開校時間 6:00〜 8:30〜 (平日)11:00〜
(土日)10:00〜
振替制度 あり あり あり

そのとき淳は…

30代×婚活中の女性と出会うとよくある「独身の商社マン!見つけた~」みたいな必死さを感じてから、会うのが少し怖くなってきました(本当に綺麗で素敵な方なんですが…)。TOEIC対策でモリイングリッシュアカデミーを選ぶあたりは、確実ですね。ただそれを武器にされてもわたしはどうしていいかわからないのが正直なところ…。

学生・21歳の麗華の英会話教室選び

昔からわがままでも許されてきた麗華は、初めて自分に厳しく接してくれた年上の男性・淳に惚れた。父親からは「商社マンなら海外赴任が当たり前だから英語を勉強する必要がある」と聞く。父親の助言には素直に従う麗華は、さっそく語学留学を決意。その準備として英会話教室を通うことに。

そんな麗華が求める条件は「学生向けプラン」「(イケメン)講師を選べる」「複数の教室に通える」「振替授業がある」「レッスン単価の高さ」。これらの条件を満たすGabaマンツーマン英会話に決めた。

  Gaba
マンツーマン英会話
ベルリッツ b わたしの英会話
講師を選べるか × ×
教室を選べるか 不明
振替授業/
キャンセル連絡
あり/前日の18時まで あり/前日17時まで あり/前日の18時まで
レッスン最低単価 5,250円 5,000円 不明

そのとき淳は…

わがままで生意気なところが、わたしの妹そっくり。むかつくんだけどほっとけないみたいな(笑)。英会話を始めたと聞いたときは、正直驚きました。自分に好意を寄せているのはわかるし、英会話がアプローチの手段だともわかっているけれど、インスタとかLINEで「やってます」感を出してくるあたり、まだまだ子どもだなぁと(笑)。

イケメン商社マン・淳が次のデートに誘ったのは…

大手商社に勤め、年収1,000万超&イケメンの淳は、女性と出会いがある度に、さまざまなアプローチを仕掛けられる。その中でも英会話を始めるほどの行動力を見せてきた女性は上にあげた4名ぐらいだろう。

他人の話として聞けば少々引くかもしれないが、当事者の淳はまんざらでもない様子。むしろ、自分のためにここまでしてくれる女性がいることに、嬉しさがこみあげてきたほどだ。

女性たちとは何度かデートを重ねていて、英語学習の進捗も聞いている。なかでも、ここ最近の淳の楽しみといえば、英里とのデートで英語を教えてあげること。

彼女だけはアピールとして英会話をやってるのではなく、向こうで暮らすために本気で話せるようになりたいという強い意志を感じるのだ。

そんな彼女の力になりたいし、そんな彼女を守ってあげたいと思うようになったのだ。

…1ヶ月のブラジル出張から戻り、2週間後は東南アジアだ。

「次の土曜日は、英里を誘おう」