HOME » 【連載】横浜モテカツ娘のマンツーマン英会話体験談 » 「アピール材料はTOEIC800点以上」美咲・33歳【後編】

「アピール材料はTOEIC800点以上」美咲・33歳【後編】

横浜でTOEIC対策ができる英会話教室探し

結婚ラッシュは3期にわかれると言う。第1次は24〜25歳、第2次は28〜29歳、そして第3次は34〜35歳。つまり、今年33歳の美咲にとって、先日の商社マン・淳との出会いは何が何でも無駄にしたくなかった。

そんなときに外交官を旦那に持つ大学時代からの友人・倫子から「わたしはTOEIC800点だけど」とマウンティングを受けた美咲。この言葉が幸か不幸か、彼女の闘争心に火をつけた。

横浜でネイルサロンを営む美咲は朝から晩まで仕事をしていることが多く、とくに平日の夜は遅い。土日はお客さんの出入りも多くなるため休むわけにはいかない。したがって淳とのデートは平日の夜ぐらい。お互い忙しいため、会えるとしても月に1,2回が限度になる。たとえば3ヶ月の特訓で目標の800点を取った場合、多くて6回目のデートで淳に報告できるわけだ。

「無謀なことはわかってる。でも、こんなに無謀なことをやりとげられたら、ものすごいアピールになるでしょう?」

そう話す美咲は横浜でTOEIC対策コースを用意している英会話教室を探し始めた。

TOEIC対策がどこまでされているかを比較

横浜でTOEIC対策コースを設けている英会話教室のうち、短期間でスコアアップを目指せる英会話教室は以下の3教室だった。

  • モリイングリッシュアカデミー 横浜校(横浜駅西口・徒歩8分)
  • ベルリッツ 横浜校(横浜駅東口・徒歩3分)
  • イングリッシュ・ビレッジ 横浜校(横浜駅西口・徒歩5分)

「TOEIC対策コースがあればいいってわけじゃないんです」

美咲が関心を持っていたのは「自分をどれだけスコアアップに導いてくれるか」。そのためには各教室のスコアアップの実績を知る必要がある。それだけじゃない。午前11時から店をあける美咲にとって、朝に通えるかどうかも重要だ。またオーナーという立場上、急な欠席もないわけではないため、振替制度も見比べる必要がある。そこでこれらの条件をもとに上の3つの英会話教室を比較した。

  モリイングリッシュアカデミー ベルリッツ イングリッシュ・ビレッジ
公式サイト モリイングリッシュアカデミー公式サイト
公式サイトを見る▶
ベルリッツ公式サイト
公式サイトを見る▶
イングリッシュビレッジ公式サイト
公式サイトを見る▶
実績 最高280点アップ 最高250点アップ 記載なし
開校時間 6:00〜 8:30〜 (平日)11:00〜
(土日)10:00〜
振替制度 あり あり あり

TOEIC800点を目指す美咲が選んだ、
横浜のマンツーマン英会話教室とは

美咲はTOEICのスコアアップ実績で最も高いモリイングリッシュに通うことに決めた。開校時間も最も早く、しかもマンツーマンコースはレッスン時間やスケジュールも個々人に合わせて組んでくれるらしい。忙しい美咲に柔軟に対応してくれそうなサポート内容も彼女の心を惹きつけた。

レッスン内容は従来の「受験対策」のようなものではなく、現地で使える本物の英語力を磨き上げてくれるものだそう。美咲は淳の妻にふさわしい能力を得られるような気がして、ふと頬がほころんだ。

実績でいうとベルリッツもなかなかだった。しかし、30点の違いは美咲にとってものすごく大きなものだった。大学受験のとき「1点の差には何百・何千人ものライバルがいる」とよく聞いていた。心の中のライバルは倫子だったが、「淳を奪い合うライバル」を考えると1点さえ落とすのが惜しい。もうひとつ、2.5時間の開校時間の差とはいえ、あとから「あのとき6時から勉強していれば…」という後悔もしたくない。そういう意味で美咲は確実に後悔しない選択をした。

イングリッシュ・ビレッジはTOIEC対策コースを設けられてはいたが、情報が乏しかった。詳しく問い合わせてみることも考えたが、ネイルサロンのオーナーとして広告を出している自分の感覚からすると、自慢できる情報を載せないわけがないことは理解していた。そのためネットの情報だけでも比較・検討するに値すると判断したのだった。

「婚活の武器に英会話、それもTOEICだなんてバカにする人も多いんじゃないかしら?」
「…でも、わたしは後悔しない選択をとったと胸を張って言えるわ」

美咲の話しぶりは、アメリカ大統領の就任式におけるファーストレディーの姿を彷彿とさせた。